はじめまして。

Roasters Lab Lig 代表の石井 竜馬と申します。

私がコーヒーの道を歩み始めたのは、2012年友人の姉がタイ北部の少数山岳民族「アカ族」の村長の息子と結婚したことがキッカケです。

彼らはコーヒー栽培を行っており、世界TOP1%の貴重な品質の豆を栽培している事実を知り、そこから共にコーヒー栽培を行い、世界のコーヒー農園巡りを始めました。コーヒーの木は、最初の収穫まで5〜6年必要です。

余談ですが、結婚式もアカ族の村で民族衣装を身に付けて行いました。

日本では見たことがなく農園と関わるようになり知ったことですが、

コーヒーは赤い果実であり、果実の種子です。

その種子を焙煎という工程で真っ黒になるまで焦がし、黒い飲み物になります。

しかし、コーヒーの文献を辿り、歴史を知ると、コーヒーは元々、「薬」として処方されていました。そして、「薬」として処方されていた頃は、黒い飲み物ではありませんでした。

本来「薬」としての効力を持っていたものが現代では「味や香り」を求め、別物に。

調べても出てくるのは、生豆と黒く焼いた後のコーヒーのデータばかり。

そこで、どのような条件で健康成分に変化が起きるのか、今までのコーヒー業界にはない研究を行うため、地元愛知県名古屋市に研究所「Roasters Lab Lig」を立ち上げ、愛知県の研究機関、大学など第三者機関と共に成分調査を開始。

コーヒーの生豆には、トクホ(特定保健用食品)や機能性食品、医薬品として国も認める程の健康成分クロロゲン酸やトリゴネリンという、近年の健康食品における注目成分を豊富に含んでいることが判明。

しかし、生豆は固くて食べられない。生豆由来のグリーンコーヒーでも、生豆の細胞膜は厚く、期待ほどの成分は抽出されない。

分析を幾度も重ね、コーヒー豆の健康成分を保持する製法を追い求めました。

途方もない日々の末、辿り着いた新たな価値観。

コーヒー豆由来の新健康飲料が、O CHER(オーカー)です。

農園から関わること7年。焙煎研究所での研究は2年の月日を要しました。

現在では、体内の機能性研究を名古屋大学と共に研究しています。

コーヒー豆の健康効果を追求した先は、香りも見た目も味も名前もコーヒーとは別物となりました。

私たちは常識に囚われず、様々な食品を健康志向品として摂取するべく、日々研究に取り組んでいます。

PAGE TOP